読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出来事

Speaking of Events

Speaking of Events

Verziのイントロダクションを読み、参照されていたKrifkaさんの論文を読みます。

Krifka, Manfred, "The origins of telicity". In Susan Rothstein (ed.) (1998), Events and Grammar. Dordrecht: Kluwer, 197-235.
http://semantics.uchicago.edu/kennedy/classes/s07/events/krifka98%5Bms%5D.pdf


「達成動詞」などと呼ばれるもの(完了性telicityを持った述語)について、最近の分析。
Krifkaさんはおそらく形式意味論とかそのあたりの言語学系の人かな。かなり形式的・数学的分析が好きな人らしく、「メレオロジー代数的構造を分析します」というのが売りのよう。部分の概念や隣接の概念や時間的順序関係などをちくちく定義しながら、完了性を定義していく。わりとまじめに読んでるのでなかなか進まない。しかしこういう論文はいいですね。